SUPA沖縄

沖縄を楽しむ為の情報サイト

観光

沖縄中部の観光スポット・万座毛ってどんなとこ?

投稿日:

沖縄本島中部にある観光スポットといえば、万座毛があります。象の鼻の形をした巨大な岩が珍しいと評判の万座毛は、沖縄に来たら必ず立ち寄りたい観光スポットです。

万座毛の秘密

万座毛

象が水を飲んでいるようにも見える岩が有名な、沖縄本島中部の観光スポット「万座毛」。

まずは、万座毛の秘密について、まとめて紹介していきます。

なんで「万座毛」って名前になったの?

万座毛の名前の由来は、琉球王朝時代の王様である尚敬王が、この場所を見て「万毛」と評したことに由来するといわれています。

この万毛とは、「広い原っぱ」という意味に解釈できます。

沖縄の方言で「毛」とは、原っぱのことを意味しています。そのため、もっと詳しく意味を解説すると、「一万人が座ることが出来る広い原っぱ」という意味になります。

海の美しさを評したのではなく、時の王様は、この場所の広い原っぱに関心があったという点が、今とは違う感性で面白いですね。

『ゴジラ対メカゴジラ』の舞台となった万座毛

今でも新作が発表され続けているゴジラ映画ですが、この万座毛が舞台となった作品があります。

ゴジラシリーズ第14弾『ゴジラ対メカゴジラ』

万座毛が舞台となったのは、1974年(昭和49年)3月に発表された映画『ゴジラ対メカゴジラ』です。

観客動員数133万人を記録したこの映画ですが、ゴジラ映画の定番の“アレ”が登場しない作品としても有名です。

逃げまどう人々が登場しないゴジラ映画

ゴジラが登場すると、必ず逃げ惑う人々が登場するこの映画。

なのに、なぜか本作品では、そんな人々の姿が一切登場しません。

自衛隊や防衛軍が一切登場しないゴジラ映画

ゴジラが登場したら、「逃げまどう人々」とセットで登場してきた自衛隊をはじめとする防衛軍。

これも、なぜか本作品には登場しません。さらに、アメリカ軍が多く駐在する沖縄なのに、在日米軍も登場しません。

ネタばらし

実はこの映画が公開された時期が、この奇妙な現象の原因だといわれています。

ちょうどこの映画が公開された昭和49年は、沖縄県が日本に返還されたばかりの時期。そんな事情があって、本作品では「逃げる人々」「防衛軍」の登場を避けたのだといわれています。

ちなみに、作品検討段階の台本では、防衛軍と在日米軍が出動するシーンが含まれていたそうです。

万座毛はキングシーサーが眠る場所だった!

本題の万座毛ですが、本作品では、キングシーサーが眠る場所とされています。

この映画のストーリーは、メカゴジラ(偽ゴジラ)の突然の登場と暴走によって、絶体絶命のピンチとなった人類が、沖縄の守護神で伝説の怪獣といわれた「キングシーサー」の眠りを解き、ゴジラとともにメカゴジラと対決するというもの。

ところが、あまりにも強すぎるメカゴジラに、沖縄の守護神であるキングシーサーも、さすがに苦戦します。

なんとかゴジラとともにメカゴジラに戦いを挑み、無事勝利。戦いを終えたゴジラは沖縄の海に去り、守護神であるキングシーサーは、再び万座毛で眠りについたのでした。

そうです。万座毛は、メカゴジラと戦ったキングシーサーが眠る場所でもあるのです。

万座毛は海の美しさを楽しむ観光スポット

万座毛

万座毛は、象の形をした岩だけが見所ではありません。

万座毛の海は、透明度の高さと沖縄独特の隆起珊瑚礁によって、本島でも屈指の美しさを誇っています。

象の鼻の岩の対岸には快浴場百選に選ばれた万座ビーチがある

万座毛

この美しい海を楽しめるビーチが、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート内にある万座ビーチです。

万座ビーチは、2006年に環境相が選定した「快水浴場百選」にも選ばれています。

快水浴場百選に選ばれたその他の沖縄のビーチ

万座ビーチ以外に、沖縄では会次のビーチも、快水浴場百選に選ばれています。

  • エメラルドビーチ(沖縄県国頭郡本部町)
  • リザンシーパークビーチ(沖縄県国頭郡恩納村)
  • サンマリーナビーチ(沖縄県国頭郡恩納村)
  • ムーンビーチ(沖縄県国頭郡恩納村)
  • ルネッサンスビーチ(沖縄県国頭郡恩納村)

万座毛に行くなら、日焼け対策はしっかりと!

風光明媚な万座毛ですが、それだけに、エリア内は強い日差しを遮るものが一切ありません。

車いすでもすべて見て回れるように配慮されているのですが、なにしろ、暑い!絶景を楽しむ前に暑さで倒れることがないよう、日傘にサングラス、日焼け止めクリームをしっかりぬって見学するようにしてくださいね!

-観光


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ウミガメ

座間味諸島の無人島「屋嘉比島」とは?

沖縄の人気観光スポットである慶良間諸島にはいくつかの無人島がありますが、その無人島のなかでも最南西に位置しているのが「屋嘉比島(やかびじま)」です。サンゴ礁の美しさは慶良間諸島でも一番と言われるこの島 …

渡具知ビーチ

沖縄本島のビーチは、穴場ほど見応えがある

沖縄は、どこに行っても海がきれいに見える場所!しかも、1年のうちの半分以上、海で遊ぶことができます。でも、マリンレジャーだけが沖縄の海じゃない!本気できれいな海が見たければ、穴場のビーチが1番です! …

斎場御嶽

世界遺産の斎場御嶽が男子禁制になる!?

沖縄の世界遺産には、かつて男子禁制だった斎場御嶽があります。現在の斎場御嶽は、男性であっても入ることが出来るのですが、もしかしたら近い将来、かつてのように男子禁制になるかもしれないという噂があります。 …