SUPA沖縄

沖縄を楽しむ為の情報サイト

沖縄を知る

沖縄のフォトウエディングで穴場のスポット

投稿日:

美しい海と空、異国情緒あふれる沖縄では、フォトウエディングが人気です。実際に地元でなければわからない穴場のスポットもたくさんあります。そこで地元目線で、穴場のフォトウエディングスポットを紹介!

ビーチフォトウエディングのおすすめ穴場スポット

県内では、たくさんのビーチフォトスポットがあります。

南部なら…

南部で海が綺麗に見えてフォトウエディングにおすすめのスポットといえば、こんな場所があります。

知念岬公園

真っ青な海をバッグに写真が撮れる場所として、地元では穴場としても有名な場所です。

風光明媚な場所ですが、意外と知られていないのか、比較的いつ行ってもプライベート感を味わうことが出来ます。

美々ビーチ

糸満市にある人工ビーチですが、延々と広がる海岸が魅力。しかも、那覇空港から車で30分圏内なので、短時間での滞在時間の場合は、おすすめのスポットです。

中部なら…

中部の海は、沖縄本島の中でも美しいことで有名です。そのため、このロケーションを生かした結婚式ができる教会も多い!

そんな中部で、「穴場のビーチフォトウエディングといえばここ!」という場所があります。

安冨祖ビーチ

天然ビーチなのに、観光客が少ないビーチといえば、安冨祖ビーチです。海の透明度はもちろんのこと、砂浜の美しさも人気の安冨祖ビーチでは、人目を気にすることなく、お気に入りの一枚を撮影することが出来ます。

北部なら

北部には、絶景と呼ばれるスポットが数多く存在します。その中でも、穴場と呼ばれる場所を紹介しましょう。

古宇利大橋

大堂原貝塚

恋島と呼ばれる古宇利島に渡る古宇利大橋は、意外と車の通りの少ない場所。

だから、橋の上からでも、こんなにきれいな景色をとることが出来ます。

大堂原貝塚(うふどうばるかいづか)

古宇利島

古宇利大橋を渡る手前にあります。無料の駐車場と展望台があり、そこから降りていくと、こんなに素敵な景色が目の前に広がっています。

幸喜公園

幸喜公園

名護市にある公園です。海沿いにあるのですが、ここからの景色は絶景!

しかもこのビーチ自体が穴場なので、とってもプライベート感たっぷりの中、想い出に残る一枚をとることが出来ます。

沖縄っぽい風景が魅力の穴場ウエディングスポット

海以外でも、沖縄を感じることができるフォトスポットがあります。

瀬長島

那覇空港から車で直接行くことができる離島・瀬長島は、山の斜面を利用した真っ白な「ウミカジテラス」が人気のフォトスポット!

目の前に広がる青い海をバックに写真をとったら、南国リゾート感満載のウミカジテラスで、思いっきりおしゃれな一枚を!

海洋博公園

美ら海水族館のある海洋博公園には、沖縄の古い街を再現した「おきなわ郷土村」と南国の花が咲き乱れる「熱帯ドリームセンター」、真っ白い砂浜が魅力の「エメラルドビーチ」、美しい夕日が見られる「夕日の広場」があります。

なかでもおすすめなのが、熱帯ドリームセンターと夕日の広場です。

色とりどりの花に囲まれた「熱帯ドリームセンター」

熱帯ドリームセンター

熱帯ドリームセンターには、数多くの蘭が園内の至る所でみられ、一年を通して色鮮やかな花が園内を埋め尽くしています。甘い花の香りに囲まれた素敵な時間を過ごすことが出来ます。

夕日の広場

美ら海水族館の反対側に位置する夕日の広場は、その名前の通り、夕日が美しく見えるスポットです。

日没になると、海の向こうに見える伊江島が美しいシルエットとなり、なんとも言えない幻想的な景色が広がります。

これぞ穴場のフォトウエディングスポット

プライベート感を味わうことができるのが、穴場スポットの魅力。そこで、地元だからこそ教えられる秘密の穴場スポットを紹介します。

日曜日の国際通り

国際通り

奇跡の1マイルといわれている国際通りは、毎週日曜日12:00~18:00が、歩行者天国になります。

いつもは両側2車線ともレンタカーやバスなどで渋滞している国際通りですが、この歩行者天国の期間は、指定された市内循環バス以外は、一切の車両が通行できなくなっています。

だから、いつもは歩道も人で混雑しているのですが、日曜日のこの時間は、バカンス気分でのんびりと過ごせます。

ポイントによっては、大道芸や沖縄の創作エイサーショーなども見ることができるイベントスポットもあるため、コラボしてみるのも面白いかも!

朝のアメリカンビレッジ

アメリカンビレッジ

カラフルなネオンによる夜景が魅力的な美浜のアメリカンビレッジですが、朝は、全く違った景色が見られます。

歩いていても、異国の街の中に迷い込んでしまったような感じがして、とってもスリリング!

昼間や夜とは全く違った朝だからこそ、プライベート感満載の写真を撮ることが出来ます。

なみに、近くのビーチも朝ならこんなに静か…

朝の海

大人のビーチウエディングを演出できそうです。

琉球衣装で勝連城跡

勝連城跡

海中道路のすぐ近くにある勝連城跡は、世界遺産に登録されている有名な史跡。

小高い山の上に立つ城跡からは、絶景の景色を見下ろすことが出来ます。ただしここは、情緒ある沖縄の史跡。

ドレスもいいですが、やはり伝統的な琉球の衣装が、移り映えもいいかも…!

フォトウエディングは、事前に必ず確認して!

今回紹介した場所は、どれも穴場のフォトウエディングスポットです。

大型施設の場合は、あらかじめ施設でフォトウエディングのプランがあるものもありますが、一般的なビーチや公園の場合は、それぞれ申し込みなどが必要になります。

「婚礼写真撮影の場合は別途料金」と書かれている場所もありますので、あらかじめ、必ず管理公園または管理団体で確認するようにしてくださいね。

-沖縄を知る


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

市場中央通り

牧志公設市場を歩く

テレビやガイドブックでお馴染みの「牧志公設市場」。那覇市民の台所?地元民は利用しない?真相に迫ってみました。 牧志公設市場に行ってみました 国際通りにあるドン・キホーテの脇の道が「市場中央通り」です。 …

盲導犬

バリアフリー沖縄を考える

スーパーなどの入り口に「身体障がい者補助犬同伴可」と掲示されているのに気がつきました。気になったので調べてみました。 補助犬ってなんでしょうか? 補助犬とは次の3種類の犬たちのことです。 目の不自由な …

残波岬

沖縄の台風ってどれだけすごいの?

台風に慣れているといわれている沖縄ですが、実は、過去には、何度も猛烈な台風によって被害を受けてきたという歴史があります。 沖縄には毎年どのくらいの台風がやってくるのか? 沖縄は、台風が多く接近するとい …

沖縄の読めない地名

沖縄にある簡単には読めない地名をご紹介

沖縄をレンタカーで回っていると、信号を通過するたびに首をかしげたくなるような不思議な地名が次から次へと登場していきます。さあ、あなたはどこまでこの沖縄の不思議な地名を読むことが出来るかな? 沖縄の地名 …

時間

ウチナータイムとは?

ウチナータイムという言葉をテレビなどで良く耳にする事が増えてきました。皆さんのウチナータイムへのイメージはどのようなものでしょうか?待ち合わせに遅れて来るだったり、だらしないなどいろいろなイメージがあ …